本文に戻る

(禅から直接Faxが届きました。)

さて、近況を少々お知らせします。

  • 例年、4〜5月がニュージーランドから熱帯の島々へのベストシーズンといわれています。ところが、ここ数年、5、6月になっても、熱帯の島々ににサイクロンが発生するという異常気象が続いており、NZでハリケーンシーズンを過ごしたヨッティたちの出足を鈍らせています。そんな訳で、禅も5月下旬の出航となった次第。

  • ヨッティの大多数は、アメリカまたはカナダの艇です。当初、3年間ほどのクルーズの計画で航海を始めた艇も、その1/3程は1シーズンで航海を打ち切ったり、1年間の休養をとるとかで、艇をNZに置いて帰国しています。原始的で素晴しい船旅も、その側面に人間の忍耐力を問う苦しさを伴い、気力でその限界を越えなければならない訳です。

  • 熱帯地域には、マラリア・デング熱等々の熱帯病があります。デング熱の予防法はなく、蚊に刺されないようにするしかありません。マラリアは、伝染地区にはいる1週間前から予防薬を服用し始め、地域を出てからさらに4週間服用を続けるという手間のかかる予防法。いずれにしろ蚊をキャビンに入れないのが一番良いわけで、各ハッチにモスキートネットを設えました。

  • マラリアの予防薬には強い副作用があります。悪夢を見るとか、不眠、無気力、倦怠感、そして時に世の中がイヤになるといった具合。「唯我独尊」のアオイちゃんは、副作用の程度を試すために服用。母親のミチ子さんが、「どお?世の中イヤになった?」アオイちゃん、「ウ・ン、そうでもない」とってもハッピーな家族です。

  • ベイオブアイランズのオプアでチェックアウトをするものと思っていたら、このツツカカに係官が出張してくれるとか。天気の読みなどで、ここから出られれば一番良い訳で、月曜日にチェックアウトします。

  • チェックアウトに先立ち、セイフティーチェックというのがあります。外洋航海に十分耐えられる設備が整っているかというチェックです。日本の船検に似ていなくもありません。遂に高いEPIRB(イーパブ、無線救難信号ブイ)を買う羽目になりました。この検査をクリアしないとチェックアウトできないということです。

  • GPS! 何と、私が日本からニュージーランドまでずっと使ってきたそれは、ハイキング程度の用途のMagellan Tralblazerという機種。肝心の所に来るとデータが飛んでしまうという代物。最近、それが航海の用に充たないことを知り、唖然としました。West MarineにFaxで注文し、やっと十分な機能のDXL-10を誂えました。

  • すみ子が珍しくカーテンを縫ったり、本を見て料理したりしています。航海途上、サイクロンにあわなければいいのだけれど。すみ子から、よろしく!

  • 本文に戻る

    ホーム
    Home

    Copyright (C) 1997-2018 Zen T. Nishikubo. All rights reserved.